FC2ブログ

やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

やまだ紫は永眠いたしました

やまだ紫(本名白取三津子)は2009年5月5日
午前4時16分、永眠しました。享年60歳でした。
4月26日未明に脳出血を起こし、病院へ搬送しましたが、
手術も虚しく、5日の早朝に亡くなりました。

やまだ紫を愛してくださった皆様、ありがとうございます。
本人は亡くなりましたが、作品は残ります。
これからも末永くご愛読いただければ、幸いです。

2009年5月6日夕
白取千夏雄(夫)
白取特急検車場【闘病バージョン】

<以下はブログ移転に伴い、なぜか移転できなかったコメントを掲載させていただきます>




ご冥福お祈りします (ちゃき)
2009-05-07 18:44:12
先ほどニュースでこの事実を知りました。
残念でなりません。
今は心からやまだ紫さんのご冥福を祈ります。

訃報に接し・・・ (きんぎょ)
2009-05-07 18:58:43
謹んでご冥福をお祈りいたします。
急なことでご主人様も
お気をおとされていらっしゃることと
存じますが、ゆっくりゆっくり元気になってくだい。

お悔やみ申し上げます (猫洞)
2009-05-07 19:42:12
ついさっき訃報を知りました。
なんとも申し上げようもございませんが、残念です。
どうぞお力落としありませんように。

涙、止まりません (武田)
2009-05-08 02:48:25
やまだ先生。
高校生の頃、「性悪猫」を読んで以来のファンです。
大人になり、結婚して、今はノルウェーに住んでいるのですが、先生の単行本はいつも、私の本棚で特別な位置を占めていました。もちろん今も。

白取様がブログの中で、
「やまだ先生の単行本は、一度買ったら手放したくなくなる本だ」
というファンの方の感想を紹介されてましたが、本当にそうだと思います。

つい先日も、思わぬところで先生の単行本を目にしました。
どこだと思われますか? 
何と、ローマです。
イースター休暇で出かけた際、日本人女性が経営している美容院の本棚に、『しんきらり』が置いてあったのです。

この美容師さんもこんな遠い国まで、先生の単行本を持ってきたのだなあと思うと何だか気持ちがほんわりして、自分の順番を待つ間、大事に読み返しました。

そんな矢先、先生の訃報に接することになるなんて、思ってもみませんでした……。

今はただ、涙が止まりません。
どうぞ安らかに。
謹んでご冥福をお祈りいたします。

お悔やみ申し上げます (猫)
2009-05-08 09:26:34
今朝の 朝日新聞で訃報を読みました。
私は やまださんの作品が大好きでした。
私の母も 13年前に63歳で脳内出血で亡くなりました。脳幹近くの動脈が切れ 手術もできませんでしたが 家族のために7日間命を永らえてくれました。

ご冥福をお祈りするとともに
また 紫さんの本を読み返したいと思います。

合掌 (kumikumi)
2009-05-08 11:41:13
心からご冥福をお祈り致します。

ご主人さまも心落としでしょうが
お身体にお気をつけてくださいませ。

Unknown (Unknown)
2009-05-08 14:09:24
「性悪猫」大好きでした。
お悔やみを申し上げます。

ご冥福をお祈りします。 (ちゃちゃら)
2009-05-08 22:36:10
やまだ紫さんの訃報を新聞で知りました。
高校生の頃、性悪猫を買って何度も読み返していました。本当に猫が話しかけているようで心にしみました。ご冥福をお祈りします。

やすらかに (ゆうき)
2009-05-08 23:48:25
新聞で訃報を知り、驚いています。
「しんきらり」の頃からのファンでした。
時代は変わっても、やまださんの描く
暖かい親子関係が大好きでした。
時代が変わっても、こういう根源的なものは
変わらないと思います。
今頃はあちらの世界で長井勝一さんと
思い出話に花をさかせていることでしょう。
どうぞ、安らかにお眠りください。

はじめまして。 (ななご)
2009-05-12 13:22:56
やまだ紫さんのご冥福をお祈り申しあげます。
私が、中学、高校の頃はマンガ少女で、
COMが大好きでした。
やまだ紫さんのマンガを初めて見た時、
こういうマンガもあるんだと、
衝撃を受けました。
数日前、亡くなられたことを知りました。
まだお若かったのに残念です。

コメント管理 (白取(夫))
2009-05-27 22:31:59
やまだ紫にたくさんのコメントをいただき、
ありがとうございます。
自分のブログ更新やコメント管理にかま
けて
やまだのサイトのコメントを公開してお
りま
せんでした。
申し訳ありませんでした。
皆様、本当にありがとうございます。

なんと (ayumu)
2009-06-02 23:31:08
いまごろになって、知りました。
たいへんな才能が、まだまだお若かったのに、残念です。
やまだ紫さんの絵と言葉にどれほど心を動かされ、また暖められたことでしょうか。
こころから感謝しつつ、ご冥福をお祈りいたします。

Unknown (森おばさん)
2010-07-22 18:49:50
一年以上もたってしまって恐縮です。
心よりご冥福申し上げます。
いつも忙しいばかりの生活の中 時折「しんきらり」など読ませていただき涙し また頑張ろう。と励ましていただいていました。先生の近況を・・と思い立ちブログを覗かせていただいたら・・訃報を知ったしだいです。失礼を承知の上ひとことお礼が言いたくてコメントさせていただきました。
ご主人様 少しでも心 穏やかであればと
思います。暑い毎日ですがお体 ご自愛ください。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

| | 2014-01-05(Sun)21:01 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。