FC2ブログ

やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オヤジ三度

目玉オヤジその後
早いものでもう年の暮れです。去年の今ごろは冬休みに入って一息つき、お正月の準備などしながら次の年の通勤がまたチラチラ頭をかすめていました。
よもやこうして京都で生活しているとは夢にも思っていませんでした。 
 ええと…今年の9月にでき初めて引越しをまたいで私の指に取り付いた「目玉オヤジ」ですが、その後どうなったかというと…。実はまだいるのです。(「李さん一家」の落ちみたいでしょ?)−李さん一家、というのはつげ義春さんのマンガのタイトルです。つげ作品はお勧めです。
「目玉オヤジ」は10・11・12月と毎月病院に通ってその都度乾いたカサブタを外科用ハサミで取ってもらうのですが芯が肉と繋がっていてソコを窒素ガスでやいてもたうのですが、家に帰る頃には絆創膏が血で染まっていてまた乾くまでひたすら待つ、というくりかえしですが、12月最後に病院に行ったときは今までに無く小さなオヤジになっていて、そっとカサブタを取ったら殆どほくろくらいの改善ぶりでした。これがダメだったら根こそぎ切る「手術」をする、といわれていたので、ホッとしました。そのホクロオヤジを「入念に焼いておきましょう」と先生がいつもよりガッチリ冷凍焼をしてくらました。やれやれな気持ちで買い物をして帰宅。
そして何気なく指をみると、オヤジが5ミリくらいに復活していたのです。矢張りこのオヤジはタダモノでない。しかし、以前のように盛り上がっていないのでダメージは来ているらしい。仕方が無い、親父と年越しだ。
「まあ教授?日記」を別の紙に書いている、「ふ〜ん、なるほどね」と思うことしきりなので記録しておこうとおもって。来春で早くも3年目になる、色々勉強している。とチラつかせただけで、公開は出来ません、ごめんなさい。
皆さん、よいお年をお迎えください!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。