FC2ブログ

やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ハプニング!

連休
紅葉の盛りまでもう少し、という頃の連休に母が姉をお供にやってくるという。
ふた月前に来たばかりだったので本当に好きなんだなあと思って居た。
私宅の二階にも泊まれるけれどまだダンボール箱が積んである、思い切って片付けようと思ったら、もうホテルを取ったという。
それでも一応仕事部屋は片付けた。
予定当日、時間どうりに玄関のチャイムが鳴り、ドアを開けると、母達が入ってきた、がなんだか様子がおかしい。「?」とドアの脇から娘が顔を出した、続いて孫娘二人も!最後にのっそりと娘の旦那さん。
まあびっくりしたったらありゃしない。孫達の顔を見たら嬉しくて涙が出そうになった。娘達のげんきな様子も。
東京にいた頃はしょっちゅう皆が遊びに来たし、そういうものだと思って居た、よもや京都まで引越して来てしまう予定はなかったし、決断してから実行まであわただしく過ぎてしまい、来て見てじわじわと親兄弟や娘達孫達と遠く離れ
ていることが実感されて、以前のように頻繁に会えないのだと、寂しさが湧いていたところだったから余計うれしかった。
このびっくり計画は母の計画で、京都に着くまで「絶対に内緒に」ということだったそうだ。
母に感謝!
この日は晩まで買い物などに出かけ、晩は皆の泊まるホテルで夕食を取り、夜分に私達夫婦は自宅にもどってきた。次の日は私に予定があったので付き合えなかったが、孫達が帰る前に私達に会いたいというので家に大型タクシーを乗り付けて顔を見てから帰っていった。

去年の秋の通勤では紅葉の変化にもじっと観察することもなかったが済んで見ると晩秋の木々や山肌の変化がよくわかる。山が色づくと山そのものがふんわりと大きく見える。赤や黄や紫が入り混ざって本当に美しい。近所の公園の木々でさえも色とりどりに変化をして驚く。
今年はまだ暖かい日が多く、コートを着ていない。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。