FC2ブログ

やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

自転車

もう数日で11月になるというのに京都は暖かい。紅葉はまだ来ていないのにタクシーの運転手によると、シーズンなりの観光客は多いそうだ。緑の山の清水寺も人でいっぱいだそうだ。曰く「東京にはもみじがおまへんのどっしゃろか?」。うーん、無いといってもいいかも知れない、京都に比べたら。

 数日前、快晴で気分が良くて、また「散歩」に出かけようかと二人で話しているうち、連れが「自転車買えば?と言う。東京で病人だった頃電動自転車を買った。電池が重くて苦労した。すこし元気になったから買い物にと「三輪自転車」を買った。これがどうも日本製ではなかったと思う、ハンドルが真っ直ぐに取れず、道の端に寄ってしまってブレーキも良くなくて足を地に着けないと止まらない
ハンドルが取れないのは自分に腕力が無くなっているせいだと思って自転車をやめた。かれこれ5・6年は自転車に乗っていないし、元々自転車に乗れるようになったのが30歳頃だったから、本当は下手で恐い。もう若くないしちょっと転んだら「骨折」になりかねない、だからもう自転車には乗らない事に決めていた。
 それなのに、京都のいい天気に「いい気分」になって連れのいうままにすぐに自転車を買った。そしてのろうとしたら、恐い。身体ががちがちになっている。住まいの裏で練習したが体の固さがほぐれない。近所の歩道はあちこちガタガタにつぎはぎコンクリートでこんな不安定な自転車のりには危ない。もうすぐ寒くなる、自転車は辛い時期だ。あ〜あ。
そんな私の横を80歳くらいと思しきおばあさんがサドルの高い自転車に曲がった腰で颯爽と乗りこなして通り過ぎた。
連れはこんどは前輪が二輪の三輪車にしろ、とか抜かしている。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。