FC2ブログ

やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

新幹線日記 1

頻繁に新幹線を利用するようになったのだけれど、新幹線に乗ると靴を脱ぐ人が多いのはなぜ?とおもっているわけ。
先日も東京からのっていたら「新横浜」から二人連れの私より少し若い婦人が隣に乗ってきた。走り出してしばらくすると隣の人が靴を脱いで前の座席の背中当てに足を突っ張って連れの人と通路越しにおしゃべりを始めた。なんとなく足が匂う、(まただ…)とがっかりした。前回の京都からの帰りも車内はそんなにこんでいなかったがどこからか「足」の蒸れた匂いがした、どこだろうと目で探ったら前列斜め前の若い女性が素足を矢張り前の席につっぱていた。足元にはサンダルにヒールのついた歩くとカコンカコンとやかましい履物。彼女の足先は真っ赤、足に負担がかかるだろう。だからといって狭い車内ではきものを脱ぐのはどういったものか、周りは迷惑していると気づいて欲しい。
もっと前、観光シーズンで指定席が取れなくてグリーンで帰った晩の事、当然満席に近く中年以上の男性が多くグリーンには足載せがついている、「どうぞ靴を脱いでおくつろぎください」というわけだ。一車両で一斉にくつをぬいだらどんなことになるか、JRはかんがえていないな。もうたまらない匂いだった。足の匂いに加えてお酒、ウイスキー、ビール、お弁当の混ざった居たたまれない狭い空間!換気してくれ〜!と2時間半ストレスだったわたし。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。