FC2ブログ

やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

8/15日
 言葉が乱れていくのを黙って見過ごしていいのだろうか、といつも感ずる。
最近気になるのは「有言実行」という言葉だ。そういう使い方はない。本来は「不言実行」が正しい。
オリンピックでメダルを獲得した選手に「あの人は有言実行だからいい」てなこと言ってますが、だったら「有言不実行」な人もいて「ビッグマウス」という感じでしょうか。
「不言実行」という言葉は日本人の志の堅さや謙虚な人間性を秘めた潔いことばだ。出来もしないものをはじめからベラベラ「金もってくるからよぉ」とか言って冬期オリンピックにもスノーボーダーの兄ちゃんがいましたっけ。
 四の五のいわないで黙って精進してなにかを成し遂げる、それが日本人の美徳だった昔はもうないの?
言葉は変わってゆくものだけれど、教養も同時にすたれていってもいいのか心配だ。かくいう私もそんなに威張れたものじゃないけれど。
ちなみに猫のぷにぷにした「にくきゅう」というのは正しくは「しょうきゅう」といって掌球と書きます。て堅いこと言うと反発されるんですね、世の中では。

 数日前の球な嵐が来た時、自宅のベランダからすぐ前の工事現場のクレーンに雷が落ちたのをみました。近くにいた工事の人が軽いやけどをしたそうです、軽くてよかった!

スポンサーサイト

PageTop

暑い…

 連日の猛暑にやる気をなくしています。
外に出かけるのには一大決心がいります。日差しが厳しくて信号待ちの時も電信柱の陰に身を隠したり、木陰に潜んだり、日避け忍者みたい。夏休みの時間の合間に電動自転車を探す予定でしたがこの暑さの中ではそんなことをしている間に暑さのために死にます。
 東京では叔母だ胆嚢の摘出をしたり、母が帯状疱疹になったりと心配ですが、スイスイと見舞いにもゆけずにジタバタしているだけ、二人とも高齢だけに予後も案じられるこの頃です。
そんな中用事でどうしても出かけなければならない時、近いところならバスを利用しますが最近気になるのは、京都のご婦人方は「声がでかい」率が高いんでないかい?ということです。高齢者は耳がわるくなって地声も大きくなるのはまあ仕方ないとして、バスの中や病院など、あたりに響き渡る大声ではなしが全部丸聞こえ。それも早口で京都弁となるとなんだか漫才を聞いているようでおもしろくなって困る。笑ってしまうのは失礼だから聞こえていないふりをするけれど…。
 京都の高齢者は元気だ、高齢人口が高いのか外に杖や押し車を持ち、背中がまがっていてもよく歩いている。東京ではこんなに沢山の老人の外出を見かけなかったように思う。こちらは食べ物が美味しい。ことに野菜がよくて私達は東京にいた頃より数倍の野菜を食べるようになった。仕事のある日は外食が多いけれどそこでも野菜が美味しくて、刺身のツマまで食べてしまう。とても体にいい感じがしている。
三年前まで病気ばかりしていたけれど、元気になっていると思う。それでも「秋」が待ちどおしい。 

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。