FC2ブログ

やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

京都に引っ越し

突然ですが、京都に引っ越すことになりました。
京都の学校で教壇に立つ半年前から学校に通う事が増え、実質2年新幹線で通ったのですが、来年度からは毎週院生を含めて付き合うことになり、「もう毎週の通勤は無理」と思いました。
でもすっかり学校が好きになっていて、楽しい。
連れの仕事はネット関係なのでどこでもできる。現在の住まいは健康面での環境が良くない、私は通勤時間がきつい、連れの「天然記念物」的な病気も対応してくれる大病院が見つかればいいわけだ。
京都に理想的な住まいを見つけた。病院もネットで探してさる大学病院の血液内科、白血病を専門にしている医師とコンタクトが取れ、転院の際にこれまでの病院のフォローもいただけることになった。
すべてはトントン拍子にきまった、けれど細かな雑務が山ほどある。
今の住まいは売ってしまうより、歳を取って戻れるように、リフォームして人に貸すことにした。
移るところは「猫」も飼っていいことになっている。それにしてもたいへんな作業がある。
それに子供や孫、母や姉。友人達から距離が遠くなることが淋しい。
けれどあくまで希望をもっての決断なのでこれでいいと思う引越し予定は9月です。頑張るぞ!

スポンサーサイト

PageTop

新幹線日記 13

学生さん方はこれから夏休みに突入するわけですが、学校の先生には夏休みないってしってました?
勿論、ゆるく休めはしますが私の通っているところはもう、来年度の新入生のてめの準備に入ります。
ワークショップやオリエンテーションそれに早めのAO入試もあり、いろいろな漫画家の方の公演と講義もはいったりしてとてものんびりしている場合ではありません。
京都の夏は鍋の底で蒸されているような暑さです、ほぼ2ヶ月半苦しいです。

ところで私は数年前から顔と頭に赤い発疹がでてかゆくて困っていました、あちこち皮膚科をかえて3年はこまりつずけて居たのです。どこの皮膚科でも「目診」で薬をくれるのですが、花粉アレルギーだとか、なんかの『アレルギー」だといっても「アレルゲン」を特定するまでのことはしてくれません。自分としては(ほんっとーに困っている)んですが…かゆいしブツブツがあるし。
テキトーに抗生剤の塗り薬やかゆみ止めの抗アレルギーの飲み薬をくれる。でも全く効果が無い。もう発狂しそうにかゆい時もありました。なんで判ってもらえないんだろう、皮膚科なのに。
そしてとうとうある大学病院にアレルギー検査をしてもらいたいのでその紹介状をかかりつけの先生にかいてもらってでかけました。
大学病院では一人の医師と二人の助手がいて私の皮膚をみて「これはかぶれですね」という。そして化粧を洗い流して無添加のクリームをぬり、しばらく化粧をやめて見てくださいという。
このとしですっぴんで人前に出るのはキツイなあ、とおもいながらも仕方が無い。化粧をやめてもらった薬だけをつけました。そして3日もたつと、なんと顔のほてりがなくなってきて湿疹やかゆみもひいてきました。あらあという気持ち。化粧品がダメだったんだ、という気付きと、それではこれから紫外線対策のUV化粧品も使えないと思うあせり。
そしてすぐさまネットで「化粧品アレルギー」を検索して無添加化粧品をさがしました。
どのみち化粧にはあまり熱心ではないので肌が守れる位でいいのでこれで長年の悩みから解消されて安心です。いいお医者さんにめぐり合える事は幸運だと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。