やま猫SOMETIMES

2009年に亡くなった漫画家・エッセイスト、やまだ紫のブログを移植しました。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

やまだ紫は永眠いたしました

やまだ紫(本名白取三津子)は2009年5月5日
午前4時16分、永眠しました。享年60歳でした。
4月26日未明に脳出血を起こし、病院へ搬送しましたが、
手術も虚しく、5日の早朝に亡くなりました。

やまだ紫を愛してくださった皆様、ありがとうございます。
本人は亡くなりましたが、作品は残ります。
これからも末永くご愛読いただければ、幸いです。

2009年5月6日夕
白取千夏雄(夫)
白取特急検車場【闘病バージョン】

<以下はブログ移転に伴い、なぜか移転できなかったコメントを掲載させていただきます>

続きを読む

スポンサーサイト

PageTop

侍ジャパン


 病院のハシゴをしています。定期の検診に背中に出来たモノ(アテロームというものだそうです)の傷跡の消毒に毎日、日曜日も休診日も連日かよってもう2週間。
現在TVでは日本対韓国の決勝。延長戰を放映していますが、はらはらして観ていることができません!心臓に悪い。
 先日旅行に行った帰り、列車にのっていると途中から卒業旅行とおぼしき女の子が4人乗り込んできました。いやはやそのはしゃぎっぷりがすさまじく列車中ひ響き、たまりません。私達は車掌さんにグリーンは空いていないか訪ね、空いているというので席を移ることにしました。
その前に彼女達の所へ行って「あなた方の声が大きすぎます、周りの方に迷惑ですよ」と一言いっておきました。数人は「あ、ご免なさい!」とかえしてくれました。自分たちが楽しいので、まわりが視野にはいっていなかったのでしょう。最近の若い人は声を潜めるということを知らないようです。学校でも一人がお喋りを始めるとあちこちに伝染して、そのたびマイクで注意しなければならないことがありますが、困ったことです。
さて、連れ合いは精華の非常勤を何の連絡もなく解雇されました。非常勤など人と思っていないんでしょうか。
しかし最近かれもからだの具合が悪い日もあり、授業をもたないほうで良かったかも知れないといっている。自分の仕事だけで精一杯かもしれない。

 おお!侍ジャパン、勝ちました!おめでとう!

PageTop

おでき

 背中に出来物が出来て、昨日プチ手術をしました。
連れと温泉旅行から帰った日、背中が痒くてたまらないので連れに観てもらったところ、痒いとことがぷよぷよしてなんだか傷がある、というので、次の日病院に行ったところ脂肪のかたまりがあり、雑菌に感染しているそうで、外科を紹介してもらい、いってきました。
 皮膚の下に柔らかい脂肪の袋があり、膿んでいるので取り出さなければならないとのこと。麻酔をかけて切開し、袋をぞりぞり肉から剥がしている感じが伝わってきて、けっこう時間がかかりました。
 結果取り出したモノを見せてくれたのですが、素人にはただの肉の端くれにしか見えませんでした。
 まだ膿がでるかもしれないので、傷口は閉じておらず、ガーゼがおしこまれています。ガーゼの交換に今日も病院にいきましたが、明日も交換があるそうで、いつ縫い付けてくれるのか、あるいは塞がるのかがはっきり解りません。お風呂にもはいれないので困ったモノです。
 人間というものは老化が始まると、あちこちガタがくるモノだなあ、と実感しています。
 あ〜あ、せっかく温泉いってきたのに!

PageTop

「結婚記念日」

 ながーい間、ブログ更新をしなくてご免なさい。あれこれバラバラな仕事で落ち着かない気分と毎年変わる授業方針に翻弄されて気分が最悪です。
 まあなるべくいやなことはスルーしようと思いますが、こんな年齢になってまで思わぬ所でいやがらせのような事もあり、悪意や嫉妬はお守りの水晶玉にはね返してもらっている感じです。
 人を呪わば穴二つといいますね、わたしはある方からそのお守り返しを頂きました。こちらに向けてくる「悪意」をその人間にはね返す、というものだそうです。 それをくださった方は数年前に亡くなられましたが、本当に信じられないような不思議な霊力をお持ちの方でした。いつもその方のご冥福をお祈りして手を合わせています。


 さて、このあいだの節分に知り合いのかたに教わったので「下鴨神社」の催しに連れと言ってきました。(詳しくはこちらのブログ下鴨神社の節分 - 白取特急検車場【闘病バージョン】へどうぞ)
 そこで的を弓で射る行事があるのですが、射貫かれて落ちた赤い的(木の板で、一片が30cm四方くらい)の端くれを手に入れるとお守りになるそうです。偶然一緒になった知り合いの「明青」さんのお母さん(といってもわたしより全然若い)がすぐにダッシュしていったので、私も負けじとよろよろ走ったのですが、取りはぐれました。でもお母さんが大きな板をゲットして、わたしたちに分けてくださいました。
それにしても、去年こっそり還暦になった私なのにけっこうな感じで走ったので、自分ながらおかしくて笑いがとまりませんでした。連れもお母さん達も笑って愉快なことでした。



 そのお母さんから、なんと夕べお店に伺った際に「結婚記念日に」とお花を頂いて、感激しました。去年のこの日も、お知り合いになって間もなかったというのに頂いています。
 わたしたち夫婦は、もう20年以上も一緒に暮らしていますが、同居しはじめた当時から、結婚式はおろかずーっと入籍すらしていませんでした。しかし5、6年ほど前わたしが大病をした際に医者から「死ぬかもしれない」といわれたときに、あとあとの面倒を考えて入籍をしたのです。その入籍した日が私達の「結婚記念日」というわけです。
 でもいまでは健康を取り戻し「死ぬ」だの「癌」だと宣告されたのもアホ医者の誤診で、手術の後遺症(お腹の傷や糖尿)はあれど、こうして毎日仕事もできています。本当に有り難いことです。

PageTop

11月19日幕張にて

やまだですが、下記のイベントに出席します。
会場は幕張と都心からちょっと遠いですが、入場無料!ですのでお近くの方はどうぞ。

INTER BEE Forum2008
「放送人の会」パネルディスカッション
ネット時代、「放送」はシーラカンスとなるのか?
★日時:11月19日(水) 15:00〜17:30
★場所:幕張メッセ国際会議場2F国際会議室
 (JR京葉線・海浜幕張駅下車)
★主催:日本電子情報技術産業協会
★公式ホームページはInter BEE Online<--こちら

やまだは『団塊・漫画家の立場から』テレビについて講演の後、テレビマンユニオンの今野勉氏(「放送人の会」代表幹事)の司会によるパネルディスカッションに参加します。ディスカッションの参加者については公式サイトをご覧ください。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。